「こわいよぉ〜」「痛いことしない?」と半べその子。
「大丈夫だよね」「もしもしするだけ(聴診器をあてること)だよね?」と、自分に言い聞かせるように精一杯頑張ろうとしている子。
園医さんは、それらの不安をかき消すように、優しく声を掛けながら診て下さいました。

    
  
  
  
       
 
 
       
  
       
入園、進級して初めての参観日。
お母さんの顔を見て泣いてしまう子が出るのではないか心配でしたが、観ている方も観られる方も良い緊張感の中で、担任達が驚くほど、しっかり活動が出来ました。
頑張っている所を観てもらえて良かったですね。
       
  
  
  
  
 
この日をまだかまだか、と待っていた子ども達。
小動物を見たり、広場で元気いっぱい遊んだりしました。
お母さんが心を込めて作ってくれたお弁当も、美味しそうに頬張っていましたよ!
       
 
  
  
  
 
  
 
  
  
 
       
農業公園の中を散歩しながら昔の家をみたり、作物の植え付けを見学した子ども達。
河原では原っぱのシロツメクサで冠を作ったり、草むらに寝そべってみたり、、、
引率の役員さん達と沢山遊んでもらって、大満足の一日でした。